健康ワインの定義について

1、原料となる葡萄は有機栽培を基本とする。(化学肥料および農薬不使用)

2、自然酵母を使用した醸造。

3、醸造の工程で可能な限り自然工法を優先している。

4、上記、1~3のいずれか、またはそれに準ずる条件で作出されたワイン。

世界の健康ワインについて

 ワインの伝統国フランスでは1980年頃からオーガニック農業が推奨されてきたため、オーガニックワイン(biologiueビオロジック)のガイドラインがあります。

 有機の先進国、ドイツの哲学者ロドルフ・シュタイナーが提唱した自然主義に基づくビオディナミ農業をはじめ、「減農薬」「有機肥料使用」「亜硫酸無添加ワイン」「自然派ワイン」など様々な表現で健康的なワインであることをアピールしていますが、どれもメーカーや任意団体が独自に認証しているもので厳格な基準については整備されていない現状です。

 日本では有機JAS認証を得たワイン用葡萄畑で収穫された葡萄を原料としたワインでも、ワインボトルには「有機JAS認証ワイン」と記載する事は認められていません。これは有機JASを管轄するのが農林水産省であることに対し、ワインの製造を管轄するのは酒税法により国税庁となっている為です。